きくらげ 西会津弘法のきくらげ きくらげ
福島県北西に位置する西会津町で、菌床きくらげとしいたけを栽培しています。
現在、グローバルGAP取得に向けて取り組んでいます。

ホームへ きくらげができるまで 商品紹介 加工品紹介 きくらげレシピ よくあるお問い合わせ 会社案内 facebook WEBショップ リンク

きくらげについて



     きくらげってなあに?       菌床栽培ってなあに?       きくらげのいいところ 


きくらげってなあに?


きくらげ  きくらげというと、

 海のものと思われてる方のお話をよく聞きますが、

 実は山のもの・きのこの仲間です。

 耳の形に似ていることから、木の耳と書いてきくらげと読みます。

 中国では漢方に使われるくほど栄養素も豊富で、

 いま注目されている食材のひとつです。

 私たちは菌床栽培という方法できくらげを栽培しています。  
 

 

菌床栽培(きんしょうさいばい)ってなあに?


きくらげ
きくらげ
  きくらげには、山などに自生している天然のものと、

  菌床栽培という方法で人口的に栽培しているものがあります。

  菌床とは、おが粉や米ぬかなどの原材料を混ぜ合わせ、

  種菌を植えつけたブロック状のもののことで、

  このブロックからきくらげが育ちます。

  
  きくらげの菌床は、菌を植えつけたばかりの頃は茶色だったものが、

  時間がたつとだんだんと菌がまわって、白くなってきます。

  完全に菌がまわり真っ白になると、栽培できる状態になります。

  
  また、菌床には、様々な栄養体が入っているので、収穫を終えたあとは、

  畑などにまくととても良い肥料にもなります。


いちばん上にもどる




きくらげのいいところ


きくらげには栄養素がたくさん含まれています。



1 カルシウムの吸収を助け骨を丈夫にするビタミンD

  *実は全食品の中できくらげに最も多く含まれています。

2 脂質や糖質をエネルギーにかえダイエットを助けるビタミンB2

3 骨や歯を丈夫にし動脈硬化や高血圧の予防にも期待されるカルシウム
きくらげ
4 体内に酸素を運び、貧血予防や免疫力向上に役立つと言われている鉄分

  *意外ですがきくらげにはレバーの約3倍が含まれています。

5 コレステロールを低下する作用があり、おなかにやさしい食物繊維

  *なんとキノコ類の中ではきくらげに一番多く含まれています。
きくらげ

また、きくらげ自体は無味無臭なので、いろんなお料理に合いやすい食材です。
さっぱりした食感なので食欲が進みにくい夏の食卓にもおすすめです。


いちばん上にもどる


トップページへ

CopyRight(C)2010-2018 株式会社きのこ屋